特集 BLOG

入札ネットにログインできなくなった場合

サポート/会社紹介

入札ネットにログインできない原因を何パターンか説明いたします。お手数をおかけしますが、ログインできない場合は WEBまたはお電話でお問い合わせください。

わたしたちの街紹介 第1回「不忍池」

サポート/会社紹介

台東区池之端に事務所をかまえるわたしたち建設データ。事務所周辺には文化や歴史を感じられる場所がたくさんあります。「わたしたちの街紹介」では建設データ社員が会社周辺のおすすめスポットを紹介。第1回...

83

カテゴリ
ナレッジ/ノウハウ

神宮外苑再開発の何が問題なのか?|一級建築士による建設アラカルト

ナレッジ/ノウハウ

2024年6月20日に告示となった東京都知事選(7月7日投開票)。現職の小池百合子氏と前参議院議員・蓮舫氏の対立構造がメディアを沸かせていますが、明治神宮外苑の再開発問題についても両者の主張は異なっています。今回はこの神宮外苑再開発について見ていきましょう。

土木施工管理技士講座 第3回「土木施工管理技士の試験直前に覚えておくべきこと100選【今からでも間に合う】」

ナレッジ/ノウハウ

今回は1級土木施工管理技士の第一次検定が直前に迫っているということで、直前に覚えておくべきことを100個厳選しました。スキマ時間でサクッと読めて、「試験の点数が上がる」ような内容になっています。ぜひこれを最後まで読んで、同期より頭一つ抜け出しましょう。

第20回:マインドは大切な要素【若手社員向け建設業界の豆知識】

ナレッジ/ノウハウ

今回はマインドについてお伝えします。マインドとは、精神・心のこと。人間は一生涯において、マインドによって良くも悪くも生かされていると感じます。ここに確固たる思想を持つことで、良い方向へと自分を導けるでしょう。ぜひ、参考にしてみてください。

今、分譲住宅を買うのは危ない? 一級建築士が解説する建売住宅購入の4つの注意点|一級建築士による建設アラカルト

ナレッジ/ノウハウ

土地代やマンション価格が高騰すれば、「割安な分譲住宅を」と考える人も多いでしょう。でも、ちょっと待ってください。2024年は分譲住宅を買うのは少し危険な時期なんです。理由はいろいろありますが、建築士の視点から4つほど紹介したいと思います。

土木施工管理技士講座 第2回「施工管理法の応用能力」

ナレッジ/ノウハウ

土木施工管理技士講座・第2回は、施工管理法の応用能力問題を解説します。第一次検定においては、この施工管理法の応用問題で「正答率が6割以下」の場合、他の点数がいくら高くても不合格になってしまいます。しっかりと対策をして得点につなげていきましょう。

地盤の良し悪しを見極める方法と地盤調査|一級建築士による建設アラカルト

ナレッジ/ノウハウ

建物を建てるうえで最も重要と言っても過言でないのが地盤です。上屋(建物)は様々な工夫をすればたいていのことは何とかなりますが、土地(地盤)についてはやれることは限られています。だからこそ土地探し、そして地盤の良し悪しを見極める地盤調査がとても重要になってくるんです。

土木施工管理技士講座 第1回「合格に必要なたった1つのコト」

ナレッジ/ノウハウ

新連載!土木施工管理技士のWebライター佐藤拓真と申します。あなたは土木施工管理技士の試験に合格できる人とできない人の違いがわかりますか?合格した人にあった“1つの共通点”、そして合格するために必要な勉強の進め方について解説します!

第18回:メンタルを磨き続けてモチベーションを上げる【若手社員向け建設業界の豆知識】

ナレッジ/ノウハウ

今回は「メンタル」、つまり精神面の話です。精神的に疲弊してしまったらモチベーションも上がりません。精神的に強くなりたいとは思いますが、どのようにすればいいのか難しいところ。そこで、“考え方”や“捉え方”を変えていくという方法を紹介します。

建築士が教える!失敗しない家づくりの進め方|一級建築士による建設アラカルト

ナレッジ/ノウハウ

人生で一番高い買い物である住宅。当然、何度も住宅を購入したことがある人なんて一握りで、多くの人は初体験ですよね。初体験だからこそ失敗してしまうことも多いものですが、そうならないように自分自身の体験も踏まえ、建築士としてアドバイスしていきたいと思います。

東京オリンピックのレガシーで変わる首都|一級建築士による建設アラカルト

ナレッジ/ノウハウ

2024年になり、東京オリンピック・パラリンピックの選手村跡地に建てられたマンション群「晴海フラッグ」の引き渡しが本格的に始まりました。2021年夏の東京オリンピック開催からすでに3年が経過していますが、この大会が与えた都市への影響について振り返ってみたいと思います。

第16回:2024年問題を考える。自己管理と自己戦略【若手社員向け建設業界の豆知識】

ナレッジ/ノウハウ

2024年4月から働き方改革関連法により、建設業において労働時間の上限規制が強化されます。いわゆる“2024年問題”です。さまざまな見解があると思いますが、法規制に対してなんとかしようと考えても難しいのは当然です。では、個人はどうすればいいか。考えてみましょう。

第15回:時間の価値を見直す【若手社員向け建設業界の豆知識】

ナレッジ/ノウハウ

今回は、時間について考えたいと思います。建設業において、工事全体を通してチェックすべきは『工期内に納めることができるか?』。土木工事の場合、天候に左右されることが必然なので、予定は簡単に狂います。時間を最重要と捉えていないと、結構痛い目に遭うのです。

日本の住宅が変わる新省エネ基準|一級建築士による建設アラカルト

ナレッジ/ノウハウ

戦後の日本は住宅が不足していたため、とにかく量を供給する必要があり、高品質の家というものをあまりつくってきませんでした。時代が進み、住宅の量も足りてきたところに、省エネやカーボンニュートラルなど環境への配慮が世界的にも注目され始め、日本の住宅産業も変わってきています。

第14回:現場は準備と段取りが9割【若手社員向け建設業界の豆知識】

ナレッジ/ノウハウ

ものごとを実践するにあたっては計画が必須となります。しかし、計画はあくまで計画であり、“現場は生もの”。現場の状況によっては変化や問題など予期せぬ事態が生じ、変更・改善せざるを得ない場面も発生します。状況に合わせて柔軟な対応をすることも重要です。

地震だけじゃない、自然災害から自宅を守ろう

ナレッジ/ノウハウ

地震大国と言われる日本では、地震に対して建築物を守る技術がとても高いですが、昨今は地震以外の自然災害も増えてきており、こういった自然災害から自宅を守る必要にも迫られています。

第13回:“ペーパーな技術者” これはおススメできない【若手社員向け建設業界の豆知識】

ナレッジ/ノウハウ

「“ペーパーな技術者”がおススメできない」とは、書面だけを管理するような技術者に留まらず、「自身でも実作業が実践できるぐらいの技術者であれ!」ということ。机上の管理だけでは、本当のスピードやペース配分を把握することが難しいからです。

TOP