IEいよいよ完全終了へ。入札ネットもIEでログインできなくなります

サポート

 

ながらくwindows OSに標準装備されていたIE Internet Explorer がいよいよサポート終了となります。ブラウザのサポート終了が来年2022年の6月16日までとのことです。

IE終了後、ブラウザは使えなくなる?

すぐに利用できなくなることは考えられませんが、セキュリティ問題、レスポンスが早くなるなどの改善はされません。期日が近くなってくるとよくアクセスする一般的なWEBサイト(Yahooなど)へのアクセスができなくなる可能性があります。サポート終了後は、IEを起動しようとすると、同じくwindows OSに標準装備されている Microsoft Edge が起動するよう変更されます。まだ終了まで時間があるので、何らかの変更はあるかもしれませんがサービス終了は確定したといって間違いなさそうです。自治体HPもIE以外のブラウザで利用できるようにシステム改修を進めており、現在世界中のサイトがIE以外のブラウザに対応できるよう対策を進めています。

マイクロソフト:IEサポート終了のお知らせ

https://docs.microsoft.com/ja-jp/lifecycle/announcements/internet-explorer-11-end-of-support

 

入札ネットがログインできなくなります!  ※非推奨ブラウザになります

入札ネットは、1つのIDでログインできるパソコンは1台に限定されます。さらにそのパソコンのなかのブラウザも1つに限定する仕様となっています。IEで入札ネットをご利用いただいてるユーザー様は、IEのサポート終了後、変わって起動されたマイクロソフトエッジでログインをしようとすると「お使いの端末からはご利用いただけません」とエラーになってしまいます。

ブラウザを変更した場合の手続きについて

ブラウザ変更時の手続きは、ご利用端末変更時の手続きと同じです。下記ブログを参考ください。

関連するBLOG

TOP